地域の人が参加しやすい仕組みづくりを実現 - しずおか未来エネルギー

静岡市を拠点に活動するしずおか未来エネルギーは、静岡県内で温暖化対策に取り組んできた「NPO法人アースライフネットワーク」と地元企業である「鈴与商事株式会社」の出資により、2012年12月12日に設立された事業会社です。Read more


市民風車のパイオニア - 北海道グリーンファンド

北海道グリーンファンドは、1999年に生活クラブ生協・北海道のメンバーが中心になってできたNPOです。一般に知られているように、生協は安全な食を生産者とともに開発して共同購入を行うグループです。食だけでなくエネルギーも、原発に依存せず選んで使いたいという声を受けて誕生したのが、北海道グリーンファンドです。当時から変わらないコンセプトは「市民が参加してクリーンな電力を選べる体制をつくろう」というものです。(取材・記事:高橋真樹)Read more


都市部で発電して、全国のモデルをめざす - 多摩電力(たまでん)

多摩電力合同会社(たまでん)は、東日本大震災後の自然エネルギー普及の市民運動が元になって2012年10月に設立した、屋根借り太陽光発電事業を主体とした事業会社です。Read more


「報徳思想」をベースに電力の地産地消を - 小田原・ほうとくエネルギー

「ほうとくエネルギー」は、市民と行政のパートナーシップのもとで2012年12月に設立された小田原地域のエネルギー事業会社です。会社名の「ほうとく」は、小田原出身で江戸時代の思想家、二宮尊徳の掲げた「報徳思想」からきています。Read more


パタゴニア環境助成金プログラムが コミュニティパワー・イニシアチブを支援(プレスリリース)

環境エネルギー政策研究所(ISEP)、ユナイテッドピープル、greenz.jp、ピースボートが事務局をつとめるコミュニティパワー・イニシアチブが、9月5日から開始されるパタゴニアの環境助成金プログラム「Voice Your Choice(ボイス・ユア・チョイス)」の支援対象に選ばれました。Read more


地域ぐるみで実現した「おひさまの町」づくり - おひさま進歩エネルギー

おひさま進歩エネルギーは、長野県飯田市が環境省の「平成16年度 環境と経済の好循環のまちモデル事業(通称:まほろば事業)」に採択されたことをきっかけに、市民が中心となって地域に自然エネルギー導入を進める組織として2004年に設立されました。母体となったのは、地域のエネルギー自立に向けて取り組むNPO法人南信州おひさま進歩です。Read more


「パワー・トゥ・ザ・ピープル」上映会&若手大会議@法政大学

9/21(土)法政大学にて映画「パワー・トゥ・ザ・ピープル~グローバルからローカルへ〜」上映&自然エネルギー若手大会議!を開催いたします。これから生きる私たちの未来をとびきりハッピーな分散型社会にしていきましょう!Read more


パタゴニア日本支社主催『パワー・トゥ・ザ・ピープル』上映会@東京・福岡・京都

コミュニティパワー・イニシアチブ参加団体であるパタゴニア日本支社は、Go Renewableキャンペーンの一環として、ドキュメンタリー映画「パワー・トゥ・ザ・ピープル~グローバルからローカルへ」上映+トーク~コミュニティ・パワー~を開催いたします。Read more


コミュニティパワー・イニシアチブ立ち上げイベント開催レポート

6月19日(水)衆議院第1議員会館多目的ホールにて「コミュニティパワー・イニシアチブ立ち上げイベント」を開催しました(当日のプログラムはこちら)。Read more


コミュニティパワー・イニシアチブ 立ち上げイベント開催

「ご当地電力」など、地域主権のエネルギー社会を目指す各地のキーパーソンを発起人として、地域エネルギー主権とエネルギーの民主化のために連携、協力し、さらにその動きを加速するためのネットワーク「コミュニティパワー・イニシアチブ」(旧:地域エネルギーイニシアチブ(仮称))の立ち上げイベントを下記の要領で開催いたします。Read more