タグ別アーカイブ: 福島

【シンポジウム開催報告】農山漁村を豊かにする再生可能エネルギーのちから in 福島(9/27 )

9月27日開催の本シンポジウムは、地域で再生可能エネルギーに取り組む事業者に加え自治体関係者、農業団体関係者、関心のある一般の方など、約50名の方々にご参加いただき盛況となりました。 基調講演では、吉原毅氏(城南信用金庫相談役)にご登壇いただき、地方経済における再生可能エネルギー事業の可能性や金融機関の支援の広がりに加え、具体的な事業としてソーラーシェアリン…

第1回世界ご当地エネルギー会議プログラム公開と参加登録開始のお知らせ

福島/東京/ボン 2016年9月6日(火)、2011年に悲惨な原発事故が発生した福島での記者発表会で「第1回世界ご当地エネルギー会議(the 1st World Community Power Conference: WCPC2016)」実行委員会は、2016年11月3日~4日に開催される会議のプログラムと参加登録の受付開始を発表しました。

「富岡復興ソーラーから自然エネルギー100%福島へ」(7/23 講演会)

福島県・富岡町で始まりました住民主導の大規模太陽光発電事業とそれによる福島復興支援の取り組みである「富岡復興ソーラー事業」が事業実施に向けて進んでいます。 6月4日には郡山市でキックオフイベントを開催し、約80名の方々にお越しいただきました。 福島での開催に続き、東京でもぜひこの取り組みを知っていただくため、7月23日(土)に城南信用金庫相談役の吉原毅様をお…

シェーナウ環境賞受賞記念「ふくしま自然エネルギー基金」設立記念シンポジウム

*全国ご当地エネルギー協会が共催のイベントです。 ■ ご来場の御礼とふくしま自然エネルギー基金のホームページ公開について 本イベントは大盛況の末に、開催することができました。ご来場いただき、誠にありがとうございました。 ふくしま自然エネルギー基金のホームページが立ち上がりました。詳細はこちらから。 ■ イベント概要 日 時 2016年3月9日 13:30~1…

【メディア掲載】会津電力株式会社について

会津電力株式会社 代表取締役 佐藤彌右衛門 私達は会津の豊かな自然に守られて歴史を重ねて来ました。日本国の中でも会津全域は大穀倉地帯であり水資源や森林資源をはじめ再生可能エネルギーの資源に恵まれています。 2011年3月11日以降、東京電力福島第一原子力発電所による未曾有の原発事故により、福島の人々は放射能汚染と向き合わざるをえない状況に追い込まれました。保…

国内外から「ご当地電力」を手がける人々が大集結 – コミュニティパワー国際会議2014 in 福島

English (Google Translate) 国内外で地域に根ざした自然エネルギーの普及に取り組む人々が集う「コミュニティパワー国際会議2014in福島」(主催:環境エネルギー政策研究所)が、1月31日から3日間にわたって開催されました。2012年に東京で、2013年には山口で開かれたこの国際会議。3回目となる今回は、福島原発事故からまもなく3年とい…

福島コミュニティパワー宣言

English version below 福島コミュニティパワー宣言 巨大な原発事故が起こった。 いま、怖るべきモラルハザードが始まっている。 われわれは、人智が制御しえぬモノに、われわれの未来を委ねることを拒絶するか、それとも思考停止のままに受容し続けるのか、という分岐点に立たされている。 福島の人々はすでに早く、原発事故の三カ月後には、原発に依存せずに…

エネルギー革命を起こして、地域の独立をめざす – 会津電力

English (Google Translate) ■ 概要 事業社名:会津電力株式会社 本拠地:福島県喜多方市 ステータス:事業開始済み ■ 設立のきっかけと事業概要 東日本大震災と、福島第一原発の事故によって深刻な被害を受けた福島県。震災支援や原発問題に向き合ってきた人々が、2011年11月に発足した「ふくしま会議」を中心に、これから福島で何をすべきか…