【クラウドファンド・ご寄付のお願い】ドキュメンタリー映画「コミュニティ・パワーシフト」(仮題)を制作します

Clip to Evernote

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全国で立ち上がる市民発電所建設を映像で伝えるドキュメンタリー映画「コミュニティ・パワーシフト」の製作がスタートします。監督はドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」の渡辺智史氏、ご当地エネルギー協会の全面的な協力で日本全国のコミュニティパワーの取り組みが紹介されます。一つ一つは小さくてもまとまれば原発をもしのぐ力を発揮する自然エネルギー。持続可能で次世代に安心して引き継ぐことができる自然エネルギーへのシフトを全国に発信します。

映画制作資金を皆さまからご寄付いただくためにクラウドファンドを随時立ち上げて参ります。皆さまのご協力をなにとぞ宜しくお願いいたします。

第1弾として「コミュニティ・パワーシフト 山口編」のクラウドファンドをスタートいたします。2月上旬の募集スタートを予定しております。本ホームページからもリンクいたします。準備ができるまで少々お待ちください。

※ 事前の登録をお受けしております。ご寄付頂ける皆さまにはお手数ですが、以下、メールアドレスまでその旨お知らせください。優先してクラウドファンド開始のご案内を送りいたします。

担当 山崎: yamazaki_makoto@isep.or.jp

渡辺智史監督よりのメッセージ

”一昨年より、全国ご当地エネルギー協会に参加させいただたり、視察等で各地を訪れるなかで、地域主導型の自然エネルギー事業が、日本の社会を大きく変えていくと確信するようになりました。私はこれまで、伝統的な作物の種に関するドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」の映画を監督し、上映活動をしてきました。上映活動を通して、食と農の現場で活躍する人々と持続可能な地域社会について話し合うようになり、震災以降は食べ物だけでなくエネルギーを地域で、どう循環していくのかということに強い関心を抱いてきました。

2016年には、電力小売り自由化が開始される予定です。普段私たちが農作物を買う際に、環境にやさしい栽培方法で育てられた作物を買いたいと望むような感覚で、これからは電気を選ぶことができるようになる時代が始まろうとしています。現在、全国で立ち上がっている自然エネルギー事業を押し進める人々は、酒蔵メーカー、環境活動家、主婦、元地方議員、元SEなど多種多様な経歴で、なおかつ各々のフィールドは中山間地域、都心、過疎地、ニュータウンなど非常に多彩です。それぞれの現場には日本社会の縮図とも呼べる様々な地域課題があり、それらにどう地域の人々が向き合い、乗り越えていくのか、その作法を映画制作を通して見つめ、記録していきたいと思います。地域の人達がさまざまな仲間を集めてエネルギー作りに取り組むことで、地域コミュニティが再生していく姿は、地方再生の鍵になるはずです。

先日訪れたドイツの自然エネルギーに関する国際会議では、日本の国のエネルギー政策の現状への懸念が語られる一方で、市民の手による自然エネルギー事業が全国で広がっていることへの希望が語られていました。ポスト3.11の日本の混迷を乗り越えていく人々の姿は、きっと世界中の人々を勇気づけてくれるはずです。映画完成後には、行政、企業、市民団体と協力しながら全国で上映活動を展開することで、共鳴する人々が増えていくことを期待しています。また英語字幕を付けて、世界中の映画祭にも出品したいと考えています。「第四の革命」と呼ばれる世界的な潮流の中で、日本の市民エネルギーの動きが、さらに大きなうねりになることで、その草創期の熱い時代が世代を超えて語り継がれていくことでしょう。

ドキュメンタリー映画の制作活動は、社会が抱える問題や重要な視点について、多くの人と共有することで社会に働きかけていく作業です。寄付や、上映活動などを通して映画を応援しようとする人々が結集していくと同時に、各地の自然エネルギー事業の応援をしたいと大きなうねりが、生まれていくような映画製作と上映活動を展開していきたいと考えています。”

渡辺智史監督プロフィール

1981年生山形県鶴岡市出身。東北芸術工科大学在学中に東北文化研究センターの民俗映像の制作に参加。2002年「関川のしな織り」で撮影を担当。03年山形県村山市の茅葺集落五十沢の1年を追う。上京後イメージフォーラム付属映像研究所に通いながら、映像制作を開始する。 05年有限会社アムールに入社し飯塚俊男氏に師事する。06年障がい者が参加する第九合唱を描いたドキュメンタリー映画「An Die Freude 歓喜を歌う」撮影・編集。07年「映画の都ふたたび」を撮影。08年フリーで活動開始。「湯の里ひじおりー学校のある最後の1年」を監督。10年映画「よみがえりのレシピ」を撮影開始、11年の秋に山形県内で公開する。2011年山形国際ドキュメンタリー映画祭、2012年香港国際映画祭に本作品を正式に出品している。

代表作「よみがえりのレシピ」ホームページ http://y-recipe.net/character/