第2回世界ご当地エネルギー会議 開催報告

2018年11月8〜10日、マリ共和国バマコにて「第2回世界ご当地エネルギー会議(The 2nd World Community Power Conference 2018, WCPC2018)」が開催されました。当協会の事務局を務める環境エネルギー政策研究所が、マリ・フォルケセンターおよび世界風力エネルギー協会と共に主催団体として参加し、アフリカおよび世界のご当地エネルギーのさらなる普及に向けた議論に貢献しました。Read more


住宅用太陽光発電「2019年問題」 - 「電気のタダ取り」ではなく「ラストリゾート」が必要

昨年末から住宅用太陽光発電の余剰電力購入が切れる「2019年問題」について、「一般送配電事業者による引受けは無償」、いわゆる「電気のタダ取り問題」という方針は、公共政策の観点から問題が大きく、当協会としては一般送配電事業者が「ラストリゾート」を用意することを提案する。Read more


デンマークの先端的スマートエネルギーシステム視察(6/17〜21)

本ツアーでは、デンマークの熱電融通を支える様々な技術を視察します。その基盤となるさまざまな地域熱供給、それを支える企業や研究機関、熱電融通システム、環境・エネルギー建築などを、再エネ企業のメッカであるオールボー市からはじまりコペンハーゲンまでの5日間の旅です。Read more


平成29年度農水省補助事業「農山漁村活性化再生可能エネルギー事業化サポート事業」最終報告会実施報告

全国ご当地エネルギー協会は、平成28年度より2年間にわたり、標記の農水省補助事業を実施してきました。本事業では、農林漁業関係者が、農山漁村の活性化に資する再生可能エネルギー事業を構築するための支援をおこなってきました[1]Read more


「水俣薄原(すすばる)太陽光発電所」完成のお知らせ

一般社団法人全国ご当地エネルギー協会は、水俣市薄原(すすばる)地区において「水俣薄原太陽光発電所」を設立いたしました。2018年1月21日に、竣工式を終了し、1月末より1.2MWの系統連系がはじまりました。関係者の皆様に心より感謝申し上げます。Read more


「水俣薄原(すすばる)太陽光発電所」設立について

この度、一般社団法人「全国ご当地エネルギー協会」は、水俣市薄原地区において「水俣薄原太陽光発電所」を設立することとなりました。Read more


Webサイトリニューアルのお知らせ

一般社団法人全国ご当地エネルギー協会(所在地:東京都新宿区、代表理事:佐藤彌右衛門)は、Webサイトのリニューアルを行いましたことをお知らせ致します。Read more


「全国の「エネルギーの地産地消」推進に向けた送電線利用ルール(空容量ゼロ・工事負担金等)の改善の申入れ」の実施について

当協会では10月3日、経済産業省に対しまして、「全国の「エネルギーの地産地消」推進に向けた送電線利用ルール(空容量ゼロ・工事負担金等)の改善の申入れ」を行うとともに、報道関係者に向けた記者会見を開催いたしました。Read more


全国ご当地エネルギーへの融資支援 第1号 飯舘電力太陽光発電事業への融資決定について

この度、全国ご当地エネルギーへの融資支援の第1号として、飯舘電力株式会社(代表取締役:小林稔、以下「飯舘電力」)の計画する太陽光発電事業(以下「本事業」)へ、城南信用金庫(理事長:渡辺泰志、以下「城南信金」)から1億5千万円の融資が決定したことをご報告いたします。Read more