当協会は、下記の通り、イベント「ふくしま発、「ご当地エネルギー」の可能性 ~自然エネルギーが拓く地域の未来~」を開催いたしました。


8-23symposium

8月23日開催の本シンポジウムは、おかげさまで約180名の方々にご参加頂き盛況となりました。シンポジウムでは福島県内と日本全国各地の“ご当地エネルギー”が会津の地ではじめて一同に会し、また山形や新潟など周辺地域で“ご当地エネルギー”に取り組んでおられる方々にもご参加を頂き、登壇頂いた約30名によって地域主導型の再生可能エネルギー事業への思いが語られました。ご参加くださった皆さまとご一緒に“ご当地エネルギー”による地域の自立と再生、それがもたらす日本再生への確かな手応えを感じることができたと考えております。全国ご当地エネルギー協会は、この流れに勢いをつけ、確かで拡がりのあるものにしていくために今後も努力して参ります。

当日の映像やレポートを掲載いたしますので、ぜひご覧ください。

当日の映像&レポート

エネ経会議・特派員 ノンフィクションライター高橋真樹が行く〜全国ご当地電力リポート!第39回
「福島で立ち上がったご当地電力が結集!シンポジウム報告」(2014年08月29日)

開催概要

日時: 2014年8月23日(土) 15:00~17:30
場所: 公立大学法人 会津大学 大講義室
〒965-8580 福島県会津若松市一箕町鶴賀(Tel:0242-37-2500)
アクセス: http://www.u-aizu.ac.jp/access.html
参加費: 無料
参加申込: 事前に以下のフォームからお申込みください。
参加申込みフォーム: http://bit.ly/1ndhSQe
主催: 一般社団法人 会津自然エネルギー機構(AiNEF)
共催: ふくしま再生可能エネルギー事業ネット、一般社団法人 全国ご当地エネルギー協会
協力:会津電力株式会社、認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所、パタゴニア日本支社、独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金

プログラム(予定)

・主催者挨拶

五十嵐乃里枝(一般社団法人 会津自然エネルギー機構 代表理事)

・記念講演 「“ご当地エネルギー”で日本再生」

金子 勝(慶応義塾大学経済学部教授)

・福島県内の“ご当地エネルギー”紹介

進行:小椋真弓(ふくしま再生可能エネルギー事業ネット)
浜通りより(相馬、南相馬、いわき、富岡、飯舘、ほか)
中通りより(土湯、白河、ほか)
会津より(会津電力、ほか)

・全国ご当地エネルギー協会から

進行:飯田哲也(認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所所長)
北海道:鈴木 亨(MPO法人 北海道グリーンファンド理事長)
小田原:志澤昌彦(ほうとくエネルギー(株)取締役副社長)
静岡:服部乃利子(しずおか未来エネルギー(株)代表取締役社長)
宝塚:井上保子((株)宝塚すみれ発電代表取締役)
山口:坂井之泰(市民エネルギーやまぐち(株)代表取締役)
徳島:豊岡和美(一般社団法人 徳島地域エネルギー理事)
九州:大津愛梨(NPO法人 九州バイオマスフォーラム理事)
大地を守る会、パルシステム生活協同組合連合会

・“ご当地エネルギー”への応援メッセージ

伊籐宏一(千葉商科大学人間社会学部教授)
澤上篤人(さわかみ財団代表理事)
鈴木悌介(エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク代表理事)
和田佳代子(生活協同組合パルシステム福島 理事長)
武本俊彦(元農林水産省審議官)
高橋博之(『東北食べる通信』編集長)
豊福嘉弘(一般社団法人グリーンファイナンス推進機構 常務理事)

・閉会挨拶

佐藤彌右衛門(会津電力(株)代表取締役
全国ご当地エネルギー協会代表幹事)

チラシのPDFはこちら:シンポジウム「ふくしま発、”ご当地エネルギー”の可能性」

祝賀懇親会のご案内

シンポジウム終了後、佐藤彌右衛門・会津電力(株)代表取締役の「シェーナウ環境賞『電力革命児』」受賞を記念した祝賀懇親会を予定しております。どなたでもご参加頂けますので、よろしければ併せてお申込みください(会費5000円、要事前申込)。

佐藤彌右衛門さん「シェーナウ環境賞『電力革命児』」受賞記念祝賀会

日時: 2014年8月23日(土) 18:30~
会場: 大和川酒造 北方風土館
〒966-0861喜多方市字寺町4761 Tel: 0241-22-2233
http://www.yauemon.co.jp/
会費:5,000円
*シンポジウム会場から上記会場までの移動は主催側で手配致します。

主催団体紹介

一般社団法人 会津自然エネルギー機構(AiNEF)

「会津自然エネルギー機構AiNEF」は、原子力という危ういエネルギーの代わりに、身近で再生可能な自然エネルギーによる社会の構築をこの会津の地から始めよう、という合意のもとに設立されました。会津にある山と水という豊かな自然の恵みを循環させ、地域が潤う経済活動につなげていく「エネルギー自治」を、自由民権運動発祥の地会津から始めようと、様々な取り組みを進めています。(2013年7月設立)http://ainef.jp/

ふくしま再生可能エネルギー事業ネット

ふくしま再生可能エネルギー事業ネットは、福島県における再生可能エネルギーの更なる普及拡大を目指し、地域主導による再生可能エネルギー事業への取組みに対する支援を目的とした、市民個人、市民団体、各地域の企業・団体・大学等、事業に携わる各分野の関係者がつながる協働ネットワークです。(2013年2月設立)http://www.fre-net.go.jp

一般社団法人 全国ご当地エネルギー協会

全国ご当地エネルギー協会は、地域主導型の再生可能エネルギー事業に取り組む組織やキーパーソンのネットワークです。2013年6月19日に設立されたコミュニティパワー・イニシアチブを発展的に再組織化するかたちで設立されました。全国9地区にまたがる地域幹事団体・消費者幹事団体を中心に、地域主導型の社会ビジネスモデルの開発、情報・経験共有、政策研究・提言、人材育成、事業支援などを進めていきます。(2014年5月設立)http://communitypower.jp/