タグ別アーカイブ: 長野

【メディア掲載】地域の「想い」と「課題」に寄り添って

全国ご当地エネルギー協会リレーエッセイ5 一般社団法人自然エネルギー信州パートナーズ 理事 小田切奈々子 長野県の豊かな自然を活かした新しいエネルギー社会をつくろう!という想いが集結して、2011年7月に「自然エネルギー信州ネット」が設立されました。信州ネットは、長野県が掲げる「環境エネルギー戦略」の構築とともに進められた、長野県内18団体の地域協議会が連携…

長野を日本のドイツに! – 長野県環境エネルギー課 田中信一郎さんインタビュー

エネルギー自給率がすでに70%に達している長野県。豊富な水力や日射条件に優れた太陽光など、自然エネルギー資源が豊かな同県は、自然エネルギーを積極的に活かして地域経済の活性化をめざしています。長野県が、次々と先進的な政策を進める理由と今後のビジョンについて、環境エネルギー課企画幹の田中信一郎さんに話を伺いました。(インタビュー:高橋真樹) ■ 県民生活を圧迫す…

情報公開をかかげて、長野の再エネ拡大をめざす – 長野県「おひさまBUN・SUNメガソーラープロジェクト」

English (Google Translation) ■ 概要 事業体:長野県、岡谷酸素株式会社 設備設置場所:長野県諏訪市(諏訪湖流域下水道豊田終末処理場) カテゴリー:事業開始済み ■ 活動のきっかけ 長野県は、太陽光、水力、森林など、豊富なエネルギー資源に恵まれています。一方で石油やガス、電気などのエネルギー購入費は家計を圧迫し、県内の資金が光熱費…

地域ぐるみで実現した「おひさまの町」づくり – おひさま進歩エネルギー

English (Google Translate) ■ 概要 事業社名:おひさま進歩エネルギー 本拠地:長野県飯田市 ステータス:実績あり ■ 設立の経緯と事業概要 おひさま進歩エネルギーは、長野県飯田市が環境省の「平成16年度 環境と経済の好循環のまちモデル事業(通称:まほろば事業)」に採択されたことをきっかけに、市民が中心となって地域に自然エネルギー導…

おひさま進歩エネルギー株式会社

おひさま進歩エネルギー株式会社 (写真:おひさま進歩エネルギー株式会社) 長野県飯田市が環境省「平成16年度 環境と経済の好循環のまちモデル事業」に採択されたことをきっかけに、市内38ヶ所の公共施設に合計208kWの太陽光発電を導入するプロジェクトを実行する組織として設立される。このプロジェクトでは、国内ではじめて市民出資スキームを太陽光発電事業に適用し、事…