おひさま進歩エネルギー株式会社


長野県飯田市にて2004年12月に設立し、日本初の大規模な分散型太陽光発電の市民出資「南信州おひさまファンド」を募集しました。飯田市の保育園や公民館などの公共施設38ヶ所に太陽光パネルを計208kW設置することから発電事業を開始しました。 その後も市民出資でエネルギー機器設置時の初期費用のハードルを解消し、公民が連携し地域に貢献するエネルギー事業(太陽光発電、バイオマス熱、省エネルギーなど)を飯田市・南信州を中心に普及しています。2016年に飯田自然エネルギー大学を開校し、地域エネルギー事業の担い手育成もしています。 

地区:

長野県

法人名:

おひさま進歩エネルギー株式会社

代表者:

蓬田祐一(代表取締役社長)

住所:

長野県飯田市馬場町3丁目411番地(飯田市旧飯田測候所内)