【シンポジウム開催報告】農山漁村を豊かにする再生可能エネルギーのちから in 新潟(11/16 )

Clip to Evernote

161116_Niigata

11月16日開催の本シンポジウムは、地域で再生可能エネルギーに取り組む事業者に加え自治体関係者、ご当地エネルギー団体会員、関心のある一般の方など、約40名の方々にご参加いただき盛況となりました。

20161116_niigata_zentai

基調講演では、伊藤宏一先生(千葉商科大学教授)にご登壇いただき、従来型資本主義とは異なる「新しいソーシャルな資本主義」について解説いただくとともに、「新しい資本主義」に基づいた世界的な企業の動向、特に100%自然エネルギーへの取り組みを進めていること等についてご説明いただきました。
加えて、「新しい資本主義」では水平分散ネットワーク型を基盤としており、これは地域に根差したご当地エネルギーの考え方と一致していることから、今後ご当地エネルギーの重要性はますます高まると考えられる、等の明るい兆しを示してしていただきました。
※資料は非公開です。

【基調講演】伊藤 宏一先生

【基調講演】伊藤 先生

また、バイオマスアグリゲーションの久木裕さん(代表)にも基調講演をいただき、日本の木質バイオマスエネルギーに関する基本情報を改めて解説いただくとともに、国内外のバイオマスエネルギーを活用している事例を詳細にご紹介いただきました。
最後に、地域で木質バイオマスの取組を成功させるための4つのポイントを挙げ、それぞれについてご自身の経験を踏まえてご説明いただきました。
※資料は非公開です。

【基調講演】久木 裕 氏

【基調講演】久木 氏

北陸農政局経営・事業支援部食品企業課の高橋克行さん(課長補佐)には、情報提供として、「農山漁村再生可能エネルギー法」についてご説明いただきました。法律の概要について解説いただくとともに、農山漁村における再生可能エネルギー導入の意義やメリット、再生可能エネルギー導入に必要となる土地利用調整や合意形成等についても、ご説明いただきました。
◆資料はこちら

【情報提供】高橋 克行 氏

【情報提供】高橋  氏

事例紹介では、おらって市民エネルギー株式会社の横木将人さん(代表取締役)から、「おらって」にいがた市民エネルギー協議会設立の経緯や活動内容等について、ご講演いただきました。また、事業を進める上で直面した困難やその解決方法、成功の要因、新潟市とのパートナーシップ協定の内容等についても詳しくご説明いただきました。
◆資料はこちら

【事例紹介】横木 将人氏

【事例紹介】横木 氏

パネルディスカッションでは、高澤公男さん(新潟市環境部環境政策課スマートエネルギー推進室係長)、本田寿之さん(佐渡市環境対策課環境エネルギー係係長)、佐々木寛さん(「おらって」にいがた市民エネルギー協議会代表理事)、服部乃利子さん(しずおか未来エネルギー株式会社代表取締役)に加え、基調講演をいただいた伊藤先生久木さんをパネリストに迎え、コーディネーターは地域計画建築研究所の黒崎晋司さんが務めました。

【パネルディスカッション】パネリスト

【パネルディスカッション】パネリスト

あらかじめ参加者に記入いただいた「質問票」の内容をもとに、各パネリストが回答する形式で進めました。
木質バイオマス事業に関連する事項、行政と市民団体とのパートナーシップのあり方、行政ができる支援、

再生可能エネルギーを身近に感じてもらう方法等などについて、パネリストだけでなく会場の参加者も
含めて熱い議論が交わされました。
さらに、パネリストから会場に向けての質問も飛び出すなど、双方向のやりとりが活発に行われ、
非常に充実したディスカッションとなりました。

【パネルディスカッション】会場の様子

【パネルディスカッション】会場の様子