農山漁村を豊かにする再生可能エネルギーのちから in 新潟 (11/16 シンポジウム)

Clip to Evernote

161116_Niigata

農山漁村には、自然の恵みが豊富に存在しています。こうした豊かな資源を再生可能エネルギーに活用することで、農林漁業の発展や地域活性化を図ることが可能となります。本シンポジウムでは、農林漁業者・団体が中心となって取り組む再生可能エネルギー発電事業について、有識者にその意義と効果をご講演いただくとともに、地域の活性化につながる再生可能エネルギー事業のあり方について考えます。

開催概要

日時:2016年11月16日(水)13:00〜17:15
会場:ほんぽーと 新潟市立中央図書館  多目的ホール(新潟市中央区明石2-1-10)
定員:80名(先着順)
主催 全国ご当地エネルギー協会
チラシはこちら

プログラム

基調講演 1「新しいソーシャルな資本主義  社会・環境課題を解決する時代へ
~農山漁村を豊かにする投資のはなし~」

伊藤 宏一  氏(千葉商科大学人間社会学部教授)

基調講演 2「木質バイオマスを活用した地域活性化~その課題と方策~」

久木 裕  氏(株式会社バイオマスアグリゲーション 代表)

農山村地域の再生可能エネルギー事例紹介

「市民発電が生み出す新しい地域社会~おらって新潟の取り組み紹介~」

横木  将人   氏(おらって新潟市民エネルギー協議会 理事)

情報提供

「農山漁村再生可能エネルギー法の活用について」

  高橋 克行  氏(北陸農政局経営・事業支援部食品企業課 課長補佐)

パネルディスカッション「地域が主導する再生可能エネルギー事業」

コーディネーター:
黒崎 晋司  氏((株)地域計画建築研究所)

パネリスト:
高澤 公男  氏(新潟市環境部環境政策課スマートエネルギー推進室係長)
本田  寿之 氏(佐渡市環境対策課環境エネルギー係 係長)
佐々木 寛  氏(おらって新潟市民エネルギー協議会 代表理事)
伊藤 宏一  氏(千葉商科大学人間社会学部教授)
久木 裕  氏(株式会社バイオマスアグリゲーション 代表)

申し込み方法

下記フォームからお申し込み下さい。