【イベント】11/9首都圏市民電力の集い~都市型コミュニティパワーの実現と発展をめざして~

Clip to Evernote

 

 

■ 趣旨

近年、首都圏で都市型の市民ソーラー事業が急速に立ち上がっていますが、その多くは少数の例外を除いて、事業規模も専任で行なうほど大きくはなく、人材や事業、資金調達、行政との関係など共通の課題に直面しています。他方で、PV-Net東京や市民電力連絡会、全国ご当地エネルギー協会は、それぞれそうした首都圏での都市型の市民ソーラー事業を支援し、連携する場を持つなどの活動をしてきましたが、これまで相互の連携や協力が必ずしも十分ではなく、果たすべき役割分担も明確ではありませんでした。そこで、その三者が協力して首都圏における都市型の市民ソーラー事業に取り組むさまざまな団体・個人に呼びかけ、直面する課題の解決・改善を目指して三者協働の場を設けることにしました。この集いを通して、課題やビジョンの共有を目指した場づくり、課題解決やさらなる発展のための協働と創発機会、ネットワーキングの場づくり、その他協働で取り組むさまざまな便益・改善・発展の機会につなげていければと考えています。

■ 開催概要

日時:2014年11月9日(日) 13:00~16:30(開場・受付開始12:30)
場所:調布市文化会館たづくり 大会議場(12階)
(調布市小島町2-33-1、京王線調布駅より徒歩3分)
アクセス:http://bit.ly/1z8iO3h

共催:PV-Net東京、市民電力連絡会 一般社団法人全国ご当地エネルギー協会
協力:一般社団法人調布未来のエネルギー協議会 調布まちなか発電非営利型株式会社
参加対象:首都圏で都市型の市民ソーラー事業に取り組んでいる団体・個人
定員:約80名
参加無料

要お申込:お申し込みはこちら

プログラム(予定)
・参加者による円卓会議方式で討議を行ないます。

◎主催者挨拶(開催趣旨説明)
田中 稔(NPO太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)東京地域交流会)
竹村英明(市民電力連絡会会長)
飯田哲也(一般社団法人 全国ご当地エネルギー協会幹事・事務総長)

◎セッション1:場づくり・人づくり
進行: 古屋将太(認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所)
金子あい(NPO法人 むさしの市民エネルギー)
報告: 江原文子(NPO法人 元気力発電所)
田中拓哉(一般社団法人 八王子協同エネルギー)
小峯充史(一般社団法人 調布未来のエネルギー協議会)
コメント・討議

◎セッション2:事業づくり・資金づくり
進行: 阿部正幸(一般社団法人 調布未来のエネルギー協議会)
原 尚美(練馬グリーンエネルギー)
報告: 岡部幸江(一般社団法人 大磯エネシフト)
都甲公子(合同会社 東京市民ソーラー)
山川陽一(多摩電力合同会社)
コメント・討議

◎まとめと課題の共有

*終了後、会場近辺にて懇親会を予定しています(会費4,000円程度)。

■ お問い合わせ

全国ご当地エネルギー協会事務局
〒164-0001 東京都中野区中野4丁目7-3 ISEP内
Tel: 03-5942-8937  FAX: 03-5942-8938
E-mail: contact_info@communitypower.jp
担当:森原・前薗