Biomass

1970年代から脱化石燃料の取り組みをはじめ、現在では最終エネルギー消費の23%を風力発電やバイオマスなどの自然エネルギーで供給するまでになったデンマーク。地域参加で取り組みを進め、絶えず技術・ビジネスモデルの革新を追求するデンマークの取り組みから、今後の日本のご当地エネルギーの手がかりを学ぶべく、デンマーク大使館、ステイト・オブ・グリーン、サムソエネルギーアカデミー、環境エネルギー政策研究所の協力のもと「バイオエネルギー&コミュニティパワー視察ツアー in デンマーク」を実施いたします。

村長 高橋浩人氏をはじめとする秋田県大潟村メンバーを中心に、全国ご当地エネルギー協会からは、事務総長 飯田哲也(認定NPO法人環境エネルギー政策研究所)、代表幹事 佐藤彌右衛門(会津電力株式会社)、近畿地区幹事・代表副幹事 井上保子(株式会社宝塚すみれ発電)、四国地区幹事・代表副幹事 豊岡和美(一般社団法人徳島地域エネルギー)、九州地区幹事・代表副幹事 大津愛梨(NPO法人九州バイオマスフォーラム)、木村才樹(有限会社白神アグリーサービス)、鈴木大介(ほうとくエネルギー株式会社)が参加いたします。(後日、今回の視察およびコミュニティパワーセミナーのレポートを本Webサイトに掲載いたします。)

視察行程

Map

9月29日(月)
ステイト・オブ・グリーンおよびデンマークの低炭素化に向けた取り組みの紹介@ハウス・オブ・グリーン
• バイオマス活用に関して(デンマーク農業・食料機関)
• バイオ燃料活用(Ramboll)
• 風力発電のゾーニングと環境影響評価(デンマーク自然庁)

9月30日(火)
デンマークのさまざなバイオエネルギーの取り組み@オーフス
• バイオマスボイラー、地域冷暖房(Euro Therm)
• エネルギー(熱、電力、ガス)メーター(Kamstrup)
• 市民主導の民生・家庭部門のエネルギー行動啓発(Energy Service Aarhus)
• オーフス川の気候変動適応プロジェクト・サイト(Alectia)
• CO2ニュートラルな廃棄物処理プラント(Affaldls Center)

10月1日(水)
サムソ島・100%自然エネルギーツアー@サムソ島
• エネルギー・アカデミー 持続可能な建物
• コミュニティパワー 地域住民の当事者意識と関与
• 麦わら、木材チップ、太陽熱を活用した地域冷暖房プラント
• バイオマス活用や持続可能な農業についての議論

10月2日(木)
エルシノア地域での取り組み@エルシノア
• 地域冷暖房、バイオマスプラント(Elsinore Utility)

10月3日(金)
コミュニティパワーセミナー@ハウス・オブ・グリーン
• 日本とデンマークのご当地エネルギーについての意見交換
• デンマーク環境大臣Kirsten Brosbøl氏が出席

協力団体